助産師の働く場所

 助産師とは、出産時の助産だけだと思いがちですが、出産介助だけでなく、母親の心得を説いたり、育児に関する指導やアドバイスをしたりと多岐にわたっています。

 助産師は産婦人科や助産所などで働いています。  しかし助産師は必ずしも産婦人科で必要とされているわけではなく、助産師を必要としている場所で働くという形になります。と言うのは、出産を医師と看護師で行うところがあるからです。

 昨今、自然な形で出産を望む女性も増えており、その点を受け入れるのであれば助産師が開業という形で対応することもできます。  もちろん、開業するにあたって医師と連携が取れることや、受け入れの人数の制限、また正常分娩のみの取り扱いとさまざまな制約は課せられます。

 ですが助産師は出産の介助だけではなく、女性の性や体の問題の相談も受け付けています。医師は忙しく、質問したいこともできない環境でも、開業した助産師になら納得できるまでアドバイスを受けることもできます。

 その他、学校に出向き、講師としてまだ未成熟な女性の心身をサポートするという仕事もあります。  ですから助産師とは、妊婦や産婦に限らず、あらゆる年代の女性に対応できる資格者なのです。

 さて、そのような多岐にわたる仕事をこなす助産師ですが、平均収入はそれほど高額ではありません。しかし、地方では助産師の不足から存在価値が高く、他の職業と比較した場合は高いと感じるでしょう。  また助産師として働いている方の平均年齢は高く、長く勤務できる仕事になります。

 しかし、少子化問題に加え、出産時のトラブルが元で訴訟が起き、結果廃院になることがあります。産婦人科での助産師の需要は減ってきているのかもしれません。  ですが不安になるのは少し早いですよ。

 だからこそ、開業という道があるのです。  開業は前述の通り、正常分娩しか取り扱うことができません。産科医との連携も必須です。医療器具をすべて個人でそろえるのは難しいと言えるでしょう。  また開業をして経営が軌道に乗るとは断言できません。

 それでも開業は産婦人科で縛られていた枠を取り払う良い機会でもあります。  悩みを抱えた女性に時間をかけて向き合うこともできるはずです。  そのような分野を特化するなら、助産師としての需要の幅も広がっていくのではないでしょうか。

このページの先頭へ