厳しい道のりに立ち続ける助産師

助産師とは看護師資格を持ち、なおかつ定められた養成課程の修得が必要です。  看護師から助産師になるためには、4年制の看護大学で助産コースを受講したり、もしくは専門学校を卒業しなければなりません。

 また学校でさまざまな知識を得るだけでなく、実際にお産の実習をして技術を向上させます。その数10例ほど。  ですが全国にある養成所は入ることが難しく、学力で選考される定員は数名ほどです。  また助産コースを設けた看護大学も偏差値が高く入学も容易ではありません。

 その他に看護学校に助産学校を併設し、推薦枠があるところがあります。一度調べてみると良いでしょう。 さて助産師の国家資格の試験は、年に1回受験することができます。合格率は9割を超えるなど、難関と言うほどではありません。

合格すると、厚生労働大臣から免許が与えられます。  助産師と看護師の違いですが、助産師は産前産後の女性、なおかつ新生児のお世話をする資格で、現在の所女子しか資格を取得できません。

 また助産師は分娩の介助を医師なしでも行えることから開業でき、正常分娩を取り扱うことができます。ただし、異常な分娩になれば、提携した産科医に連絡し協力します。  看護師は診療の補助や、看護ケアをする資格です。

助産師との決定的な違いは、分娩の介助ができるかどうかになります。  産は予定日より1週間のずれなどは当たり前に起こります。また時間の都合を考えて赤ちゃんが出てくるはずもなく、助産師は24時間いつでも出産介助ができる心構えでいなくてはなりません。

 そして出産する母親を献身的にサポートしながら、赤ちゃんを無事に取り出すという行為は思っている以上に大変な仕事です。加えて長丁場になる場合もあり、体力的にも精神的にもとても辛い役割です。  助産師になるためには、険しく長い道のりが待っています。助産師になってもまた別の厳しさが続きます。

 それでも助産師は、赤ちゃんがこの世に誕生すると言う大変すばらしい現場に立ち続けます。それは飽くことのない感動を味わえる職業だからです。

このページの先頭へ