助産師が行える行為

助産師が行える行為は法律で定められています。医師がいなくても、単独で行える行為は正常分娩のみの助産行為とされています。また出産後の臍帯切断なども助産行為として認められていて助産師が行うことが可能です。

正常分娩とは、妊娠中に全く異常がない場合のお産に限りますので、妊娠中に切迫早産になったり、妊娠高血圧症などになったりした場合は助産院での分娩はできません。また正常分娩でお産は進んだものの、途中で胎児や母体に異常があった場合は、帝王切開になる危険性もありますので、助産院で分娩していたとしても病院への連絡が必要になるのです。

助産師が一人で助産行為を行える場所は、助産師が開業する助産院になります。産婦人科などの病院に勤務する場合、医師が在中していますので、助産師単独の助産行為というのは少ないでしょう。病院に勤務する助産師の役割は看護師というイメージが強いかもしれません。大きな病院ですと、産婦人科に看護師と助産師が大勢いると思いますが、仕事内容で区別するのは難しいでしょう。

助産院での出産は、リラックスしてお産に臨める、自然な状態で赤ちゃんを産むことができるという点から、今非常に人気を集めています。しかし病院と違い、医療行為をすることができない場所になりますので、リスクはあると言えるでしょう。どうしても助産院で産みたいという人もいますが、妊娠期間中に全く異常がなく、正常であることが条件となりますので、助産院での出産が難しい場合もあるでしょう。

助産師の仕事に魅力を感じる看護師は多いようです。助産師への転職を考えるのであれば、まずは資格取得からスタートしましょう。転職する際には転職を支援してくれるサービスを利用すれば、希望の条件をすぐにピックアップできるでしょう。助産師としての勤務先は大病院が多いですが、個人病院、助産院などもあります。産婦人科にはなくてはならない存在である助産院として、たくさんの命の誕生の手助けをしたいですね。

このページの先頭へ