助産師と看護師の違いとは?

出産を経験したことがある女性であれば、助産師の仕事を理解している方も多いでしょうが、看護師と助産師の違いについて説明しましょう。病気やけがをした時に、看護行為や手助け、世話などをしてくれる人を看護師と言います。それに対して助産師は、妊婦が出産する際に助産をしてくれる人のことを言うのです。

助産師になるためには、まず看護師の資格が必要となります。看護師の資格を取った上で、助産師の資格が必要なのです。助産行為ができるのは、助産師の資格を持った人のみ。看護師の資格だけでは助産は行うことができません。つまり医師と助産師だけが助産できますので、お産をする際には助産師は特別な存在になるわけです。

勤務先に関しては、助産師の資格のある人は、産婦人科がある病院や、助産院が多いようです。助産師として働く場合、一般的な看護師と比べると色々な診療科で仕事をすることは難しいようです。助産師は産婦人科で働くことに限定されるのです。

助産師の仕事の魅力は新しい命を自分の手でこの世に生をうけさせることができるということ。生命が誕生する現場で仕事ができるのは、産婦人科しかありませんので、特別な気持ちで働くことができるでしょう。また妊産婦さんの幸せな顔、赤ちゃんの愛らしい姿を見ながら仕事ができるので、非常にやりがいのある職種だと思います。

看護師として働いていたけど、助産師としてステップアップしたいと考える人は多いようです。看護師から助産師への転職を希望している方は、転職支援のサービスを有効に利用するとよいでしょう。転職活動をしたことがない場合、このようなサービスを受けると転職の流れやアドバイス、サポートを受けることができますので、スムーズに次の職が決まると思いますよ。

助産師と看護師は似ている仕事ですが、助産師にしかできない仕事があります。看護師としてキャリアがある方は今までの経験をムダにせず、さらなる仕事のステップアップが望める助産師の仕事は天職と言えるでしょう。

このページの先頭へ