助産師求人は狭き門?

助産師になるためには、国家試験を受けて合格しなければいけません。助産師国家試験は年に1回毎年2月に行われています。狭き門と言われている助産師ですが、国家試験の合格率は実に90%に及ぶと言われているのです。国家試験を受けるほとんどの人が、合格するという結果になっていますが、決して簡単に助産師になれるというわけではないのです。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

助産師になるためには、助産師養成所に入学しなければいけないのですが、ここに入学するのが至難の業。国家試験に合格するよりも、要請所に入所する方が困難と言われているほどなんですよね。助産師と同様に薬剤師も、国家試験合格率は高いですが、試験を受けるまでの過程が大変だと言われています。

助産師養成所に入学するのが、なぜ大変になったのか。それは養成所の数が少ないからなんです。全国にある助産師養成所ですが、廃校が続いていて、その数は激減しています。助産師になるためには、養成所にいくほかに4年制大学で勉強して助産師の資格を取得するという選択肢もあるのですが、4年制の大学でも助産過程のカリキュラムを勉強できる大学が限られているのです。

また法律改正により、4年制の大学で、看護師、保健師、助産師の3つの資格を取るというのは、困難になると言われていて、大学院に進学して助産師の過程を学ぶという形に移行するのではないかと言われてきているのです。そうなるとますます助産師になるのは難しい現状になってしまいますよね。

助産師になりたい、助産師として働いてみたいと強い意識を持っていたとしても、助産師養成所に学力が伴わず入学できないということも起こってきますので、難しい問題です。c助産師不足が問題視されている日本の現状ですが、助産師を増やすためには、まず助産師という資格をとれるように勉強できる環境を整えることが大切です。

険しい道のりでも助産師という職業に憧れを持つ女性はたくさんいます。女性にとって出産は一生に一度のビッグイベントですので、その出産を間近で手助けできる助産師の仕事は非常にやりがいがありますね。

助産師の求人について

助産師の求人事情は良好であり、せっかく資格を取得したのに求人が全くないと困ってしまうようなことはまずありません。 もちろん、人によって希望する条件は違うわけなので、条件を細かく指定しすぎた場合には求人情報が見つからないこともありますが、現在は売り手市場と言っても過言ではない状態です。

というのも、助産師は様々な職場で働くことができるからなんです。 助産師が働ける場所としては、助産院や病院を想像する人が多いのではないでしょうか。 ですが、これ以外にも様々なところで助産師が求められています。

例えば、保健所や保健センター、そして母子健康センターなどでも需要があることはあまり知られていません。 まずは自分がどのような職場で助産師の資格を活かして働きたいと思っているのかよく考えてみるといいですね。

求人情報はたくさんあるので、転職をすることも難しくないと言えます。 それから、結婚・妊娠・出産などで一度職場を離れてしまう人もいますが、こういった人たちが子育てが落ち着いたあとに再就職をすることも比較的簡単です。

やはり専門的な知識と技術を必要とする資格であるということもあり、助産師資格を持っている人は様々な現場で求められているのです。

助産師の資格を持っているというだけで専門的な知識があることが認められるわけなので、求人を出している側も積極的に採用をしています。

ただ、助産師として働きたいと思っている人は、勤務時間が非常に不規則であるということも理解しておかなければなりません。 24時間いつ赤ちゃんが生まれるかは分かりませんよね。

朝方に忙しくなることもあれば、深夜に急に呼び出されたりすることもあるかもしれません。 そういったこともあり、休日が不定期となってしまう職場もあるようです。

夜勤ができる人でなければ働けないような職場もあるので、子供が小さいからどうしても夜勤ができないという場合には、要望を聞いてくれるような職場を優先して探すようにしましょう。

長い目で見た場合の助産師の仕事

助産師の資格を取得するのは簡単なことではないのですが、いざ無事に資格を取得することができたとしても、その時にはほとんど仕事がなかったということになってしまうと大変です。 これから助産師を目指そうと思っているのであれば、将来性についても知っておきたいところですよね。

結論から言ってしまうと、助産師という職業は将来的に見ても非常に安定した需要がある資格だと言えるでしょう。 子供を産む人がいなくならない限り、助産師は必要とされるのですから当然です。

また、近年は産科を閉鎖する病院が増えてきています。 これも助産師の需要が高まっていくことの理由です。

産科が減ったことにより近くで子供を産みたくても産めないお産難民が発生しているんです。

助産師以外では医師も出産に関する技術や知識を持っていますが、相次ぐ産科病院の閉鎖に伴い、大きな病院の産科医のもとに妊婦が集中している傾向にあるようです。

そのため、どこの病院に行っても産科医の手が回らない状態で、子供を産める場所が見つからないと嘆いている妊婦がたくさんいます。 この問題を解決するためには、助産師の数を増やすしかありません。

助産師として働く人の数が増えれば、産科医の負担も軽くなるでしょう。

ただ、男性助産師の存在については将来的にどうなっていくのか見通しがたっていないのが現状です。 現在、助産師に関する法律は保健師助産師看護師法というものによって定められています。

もともと、助産師は、助産婦と呼ばれていたのですが、呼び方が変わったからといって男性の助産師が認められるようになったというわけではないのです。

これが今後どのように変わっていくのかは予想できませんが、助産師という職業に魅力を感じている男性は、今後の動きをチェックしておきましょう。

このページの先頭へ